毛穴ケアにはオロナインが効く?

オロナインの効果とは?

 

日本を代表する常備薬と言っても過言ではないのがオロナインです。正露丸などと同様、ほとんどの家庭に置いてあって、万が一の問題のためにスタンバイしている薬だと思います。
オロナインは大塚製薬から発売されている治療剤で、主に皮膚疾患のために使われます。例えばあかぎれやひびや切り傷によく使われます。
またオロナインは皮膚のケガや炎症のみならず、美容効果もあるとしてしばしば指摘されることがあります。

 

そんなオロナインですが、毛穴ケア用品としては役立つことがあるでしょうか?結論から言うと毛穴ケアに有効です。どんな風に有効かご紹介します。

 

オロナインはニキビに有効!

まずオロナインはニキビ対策として効果を発揮してくれます。ニキビはもともと毛穴詰まりが根本原因で、そこにアクネ菌などが繁殖して炎症が起きたり膿が出たりすると赤ニキビや黄ニキビになります。

 

オロナインはこの点殺菌効果があります。オロナインの有効成分は「クロルヘキシジングルコン酸塩液」というもので、この成分がニキビの原因菌を処理してくれます。また抗炎症作用もあるため、すでに出ている赤みや腫れを抑制する効果も期待できます。

 

クロルヘキシジングルコン酸塩液は皮膚にあまり刺激がなく臭いも少ないというメリットがあるので安心して敏感な顔に使えるといううれしいポイントもあります。

 

オロナインで毛穴ケアする方法

本家の大塚製薬で詳しい説明がありますが、オロナインを有効に使うためには、洗顔と併用して使うのがベターです。まずいきなりオロナインをつけてしまうのではなく、洗顔料で顔を洗って清潔にしましょう。

 

泡立てネットなどできちんと泡を作り、やさしく顔全体になじませて汚れを落としていきます。その後化粧水+乳液を利用してしっかり保湿を行います。その後オロナインを少量気になる部位につけていきます。

 

これによって炎症予防や炎症抑制作用が期待できます。

 

オロナインパックはどうなの?

オロナインを使ったパックも一部の人の間で人気になっています。

 

毛穴パックと併用すると皮脂となじみが良くなって毛穴につまっている皮脂が取れやすいというのがその理由ですが、実際に吸着力が高いのは事実です。ただこれを高い頻度で行うと肌の角質や水分も一緒に持っていかれてしまうことがあるので、使うのであれば保湿を欠かさないことが必要です。またやり過ぎて毛穴が拡がってしまうという報告もあるので、数週間に1回程度の使用にとどめるのが賢明です。

比較ページへのリンク画像