夏にオススメの毛穴ケア

夏に心配な紫外線と皮脂分泌

 

夏は半そでなどを着ることが多くなるなど、何かと肌の見た目が気になってくる時期です。ですからフェイスとボディのトータルケアの必要がますます感じられますが、特に1年中露出しているフェイスについては特に配慮してあげたいところです。夏という時期にはどんな肌トラブルがありがちでしょうか?

 

夏の特徴は何と言っても高温多湿です。この気候のせいで、脂の分泌量は1年で一番高くなってしまいます。ですからおでこや鼻などのTゾーンがテカテカしてしまったり、毛穴が開いてしまうことが悩みとなります。

 

さらに紫外線の問題があります。紫外線は皮膚に大きなダメージを与えます。シミの原因にもなりますし、その刺激から体が角質を厚くしてしまって角栓を多くするトリガーにもなります。

 

角栓は皮脂と角質との混合物ですが、空気に触れて酸化することで黒ずみにもなります。このように紫外線と皮脂分泌の増加という問題が夏の時期にありがちな肌トラブルです。

 

夏にオススメの毛穴ケア:紫外線対策

夏のトラブルを防ぐために、まず大敵の紫外線から肌を守る努力をしましょう。

 

鉄板ですが、極力帽子や日傘などを使って直射日光を避けるようにしましょう。またどうしてもあたってしまう紫外線のために、日焼け止めをしてガードするようにもします。日焼け止めの効果を示す値の一つにSPFというものがあります。

 

これは紫外線防御指数のことで、この値が大きいと効果が持続することになりますが(対紫外線B波)、逆に肌への負担が大きくなります。ですから1日外にいるならだいたい数値が30くらいのものを使い、ちょっと外出するくらいならもっと低いものを使うという工夫をしましょう。またPAという値もあって、こちらは対紫外線A波のものですが、こちらは+の数の大きさに比例して効果が高くなります。

 

しかしSPF同様、どれくらい太陽に当たるかによって使い分けましょう。+4(++++)は長時間の外出に、+1(+)はちょっと買い物にでかけるくらいに、という感じです。

 

夏にオススメの毛穴ケア:皮脂の分泌量対策

高温多湿による皮脂量の分泌過多の問題には、洗顔と保湿というベーシックな内容で対抗しましょう。

 

基本中の基本ですが、やるとやらないとでは大違いです。クレンジングは指の腹でやさしく行い、洗顔をしっかり洗顔料を泡だてて顔を包み込むように洗います。毛穴が開きやすくなるために蒸しタオルをあてるなどの事前準備も有効です。

 

洗顔は入浴時にする人が多いと思いますが、入浴後には間髪いれずに保湿です。セラミドを含んだ化粧水がおすすめですが、乳液も使ってさらに潤いヴェールを施してあげましょう。ちゃんと肌がみずみずしくなっていれば、燥による皮脂分泌の活性を予防できます。

 

またべたつきやテカりに対する意識過剰で、洗顔をしすぎて肌を乾燥させ、ますますべたつくような事を避けられます。

比較ページへのリンク画像