角栓や角質を除去!毛穴をすっきりさせるケア

角栓て何?毛穴にどんな影響があるの?

 

「角質」や「角栓」という言葉をよく耳にすることがあると思いますが、分かっているようで実はよく影響を知らないという人もいるかもしれません。
でも角質も角栓も美肌を目指すうえで絶対知っておきたいものなので、簡単に復習して、これらの適切なケア方法を探ってみましょう。まず角質についてです。肌は表面から表皮・真皮・皮下組織と構成されていますが、そのうち表皮はさらに4つの層に分かれています。

 

表面から角質層・顆粒層・有棘層・基底層です。つまり肌の一番外側にあるのが角質層ないしは角質です。肌にはターンオーバーと呼ばれるシステムがあって、肌の奥から少しずつ層が表面へと押し上げられていきますが、最終形態が角質層です。

 

角質はここで雑菌などの外部刺激から肌を守り乾燥を防いだりしてくれます。いわば最前線で働く軍隊のような役割があるのです。しかしターンオーバーが乱れたり強い摩擦があったりすると角質が分厚くなって固くなり(過角化)、これによって毛穴がふさがれてしまいます。

 

また角質が毛穴の中で皮脂と混ざると角栓となり、大きすぎるといわば毛穴にふたをしてしまうことがあります。こうなるとニキビの原因になることがあります。

 

角栓や角質を除去するには?

上記のような理由で、肌の問題を解決するためには角栓を取り除いたり古くなった角質を除去してあげる必要があります。ではどうやるかというと、普段の洗顔方法にちょっとひと工夫を加えることができます。それはスクラブ入りの洗顔剤を使うことです。

 

スクラブ洗顔料とは研磨剤の入った洗顔料のことで、種や粘土の粉末、樹脂の粒子などが入っていることがあります。この洗顔料を使って洗うのですが、単純に顔にこすりつけるのではなく、泡だてて洗うようにしましょう。デリケートな眼球付近は避けて泡状になったスクラブをやさしく顔になじませながら洗います。

 

泡でマッサージをするイメージです。最後にぬるま湯でしっかりと洗顔をして余計な成分が顔に残らないようにします。洗顔のタイミングですが、やはり入浴中など肌がやわらかくなっている状態がベストです。

 

その方が角質が落としやすくなるからです。一つ注意点ですが、決してごしごしやらないようにしましょう。肌を傷つけてしまいますし、そもそも角栓は雑菌が毛穴に侵入しないようにする役割を果たすことがあります。

 

大きすぎると問題ですが、何がなんでも根だやしにしようとする必要はありません。ですから1回で全て解決しようとするのではなく、連続して日常的に行っていくことで、自然なケアが達成できます。

比較ページへのリンク画像