イチゴ鼻の効果的な治し方は?

イチゴ鼻とは?

 

毛穴の悩みの代名詞とも言えるのが「イチゴ鼻」の問題です。一見かわいらしく聞こえるイチゴ鼻ですが、世の多くの女性にとっては解消したい問題です。
イチゴ鼻とは、イチゴの種子のブツブツのように見える鼻のことです。イチゴ鼻の原因はズバリ毛穴詰まりです。毛穴に皮脂だの古い角質だのが詰まってしまい、空気に触れて酸化して黒くなってしまう現象です。

 

鼻の形や形状は人の見た目の印象を大きく左右するパーツですが、いくら形がよくてもイチゴ鼻だとみっともなくて恥ずかしくなってしまいますよね。ではイチゴ鼻を解消するにはどうしたら良いでしょうか?

 

やってはいけないイチゴ鼻対策

おそらくすぐに思いつく対策はパックではないでしょうか?

 

鼻に密着させて時間を置き後ではがすと毛穴の詰まりがごそっと取れるのパックは気持ちがいいものですが、実はこの方法はあまりおすすめできません。なぜなら毛穴パックは吸着力が強く毛穴の汚れだけでなく肌の角質とか水分まで取ってしまう事があるからです。そうすると当然乾燥しやすい環境を作ってしまいますし、肌への刺激が強いので角質が厚くなって毛穴づまりが加速する恐れもあります。

 

また別の対策として毛穴をぎゅっとしめつけて詰まっているものを出そうとする人もいますが、こういう直接的すぎるやり方もNGです。無理やり角栓を押し出すことで毛穴の開きが不自然に大きくなってしまうからです。また指先で強い力を鼻にかけていたら、指が当たっている部分や圧力が加わっている部分に摩擦などの外部刺激が加わって角質を硬くさせてしまう可能性があります。

 

ギターの弦を抑える指が厚くなってしまうように、外部刺激から肌を守ろうとして皮膚は角質を厚くするのです。

 

正しいイチゴ鼻対策

では正しいイチゴ鼻の対処法は何でしょうか?基本はクレンジングや洗顔です。

 

メークなどの油汚れをクレンジングで落とし、しっかり泡立てて浸透性が高い洗顔料で洗う事で余分な皮脂や汗を流し取ることができます。もし毛穴の詰まりが黒ずんでいるようなら、ピーリング剤などを使ってさらに強い対策をしましょう。角質を柔らかくして取り除くことで改善が図れます。

 

ただ通常の洗顔にしろピーリング剤にしろ、肌を不必要に洗いすぎたり強くゴシゴシやってしまうと肌の皮脂を奪って乾燥を進め、その結果皮脂が余計に分泌されたり、肌に余分なダメージを与えてしまうので中止ましょう。あくまでやさしくあせらずあらってきれいにすることが大事です。

比較ページへのリンク画像