冬にオススメの毛穴ケア

冬の大敵!乾燥による毛穴トラブルとは?

 

冬の時期に化粧をしていてファンデーションのノリが悪いのを感じたことがある人は少なくないと思います。冬は乾燥が激しい時期です。
それで肌のキメが失われて毛穴の形が崩れ、ファンデーションにムラが出てノリが悪くなってしまうのです。また乾燥による毛穴の変形は顔の印象を悪くします。

 

キメが悪いので実際よりも老けた感じに見えてしまいます。またここが面倒な点ですが、乾燥は皮脂の過剰分泌を促すことがあります。乾燥肌と皮脂の多い肌とでは真反対のようなイメージがあるかもしれませんが、体は乾燥を感じると皮脂を多くして肌を守ろうとするのです。

 

しかし皮脂が多くなればそれが毛穴のつまりを起こして毛穴の開きにつながりかねません。また皮脂が酸化すれば黒ずみにもなります。さらに冬は気温が低下して血行が悪くなる時期です。

 

そうなると肌のターンオーバーの機能が低下してきます。ターンオーバーは正常だと28日くらいかけて行われ肌の状態を新しくしていきますが、この周期が乱れていると古い角質がちゃんと落ちずに厚くなり、これが毛穴をつまらせてしまうことにつながります。このように冬は乾燥をめぐる様々な毛穴トラブルが起きやすい時期です。

 

乾燥には何よりも保湿

冬の毛穴トラブルは気候による乾燥だけがもちろん全てではありませんが、それに依るところが多い分、ある意味対策がはっきりしています。それは保湿です。保湿が大事と言うセリフはイヤと言うほど聞くことがありますが、とにかく大事なのです。

 

冬は保湿に関してとりわけ敏感に、そして工夫して臨むようにしましょう。よく言われるように洗顔後にすぐに保湿をするというタイミングの取り方もそうですが、使う化粧水の成分に気を配ることも大事です。今注目されている成分はセラミドです。

 

セラミドは天然保湿システムである細胞間脂質のメインの成分ですから、これをしっかりサポートしてあげることで乾燥対策となります。セラミドには幾つか種類がありますが、ヒト型セラミドという成分がよりなじみやすく保湿性が高いと言われています。また粒子のサイズが小さくなったナノ化されたセラミド化粧品を使うと、浸透性が高くでベターです。

 

ターンオーバーを正常化するためのケア

ターンオーバーも毛穴トラブルの原因なので対策を施しましょう。低下する気温に対してしっかり暖を取ることも大事ですし、肌をやさしくマッサージしてあげて血行促進してあげるのも大事です。毛細血管の血行改善ができれば、肌細胞への栄養の伝達がスムーズになり、ターンオーバーを助けてあげられます。

 

またターンオーバーには低気温だけでなくストレスの蓄積や生活習慣の乱れ、喫煙なども影響します。ですからストレス対策や、肌荒れ予防に良いビタミンA、や皮膚細胞活性化作用のあるB2やB6、抗酸化作用のあるC、Eなどを補給する事、良質な睡眠、禁煙などを心がけて、インナーケアを進めることも大事です。

比較ページへのリンク画像