毛穴の炎症にはこれ!ニキビになりにくいケア

毛穴の炎症の原因って何?

 

顔全体には20万近くもあると言われているのが毛穴です。毛穴のおかげで汗による体温調節ができたり、そこから出てくる皮脂によって肌のバリア機能が形作られたりしますが、毛穴は美容に敵のようにみなされてしまうことがあります。
例えば毛穴づまりや黒ずみ、開きによって毛穴が目立つとみっともない感じになってしまいますし、ニキビの原因にもなります。ニキビ(尋常性?瘡)にはいくつかの種類があって、炎症性のものと非炎症性のものがあります。まず毛穴が単純に詰まっているだけの場合は白ニキビや黒ニキビです。

 

この2つの違いは中の皮脂が酸化しているかどうかの違いです。毛穴が詰まっていても毛穴が開いていなければ白いですが、毛穴が開いて皮脂が空気に触れて酸化すると黒くなるので黒ニキビよ呼ばれてます。いずれにしてもまだこの段階では炎症は起きていません。

 

しかしこれが放置された状態が続いているとアクネ菌という細菌がもとで炎症が発生し、赤ニキビや黄ニキビにステップアップしてしまいます。よくニキビという言葉で連想するのは赤ニキビですね。赤ニキビでは毛穴周辺が赤く腫れます。

 

黄ニキビは近くの毛穴にも炎症が起きたり、表皮の下の真皮にも深く掘り下がったりしてしまう状態です。ここまでくるとニキビ跡ができやすくなります。さらに膿や血が混ざった紫ニキビにまでいくとニキビ跡が残ってしまう可能性がさらに高くなります。

 

ここまでくると美肌対策が難しくなってしまうので、いかに炎症に発展する前に毛穴ケアをするか、そして炎症になってしまった時にどれだけ正しい対処をするかがカギとなります。

 

ニキビになりにくいケアのポイント

白ニキビや黒ニキビの段階では毛穴づまりをしっかり取り除いてそれ以上発展しないケアが大事です。具体的にはスクラブ洗顔料を使って角質を取り除いたり、乾燥によって過角化が進まないように保湿対策をすることによって対処できます。

 

洗顔は入浴時など体が温まっている時に行い、保湿は入浴後すぐに行ってベストタイミングを逃さないようにしましょう。加えて肌の新陳代謝を促進して角質の生まれかわりをサポートしてあげるために、生活習慣を改善するなどのインナーケアもプラスしましょう。特に新陳代謝が進む夜の時間帯には深い睡眠が取れているように早寝早起きが大事です。

 

またもし炎症が生じてしまったら、ベストなのは皮膚科で炎症を抑制する薬を処方してもらったり、膿を取りだしてもらったりすることですが、それほど大きくなく程度が軽ければ市販のニキビ薬でも対処できます。

比較ページへのリンク画像