敏感肌に合った毛穴ケア

敏感肌とは?

 

乾燥肌と並んでよく出てくるのが敏感肌という肌質です。敏感肌の人はとても多いので、肌ケア製品などでも敏感肌用の商品が出されたりすることがあります。
では敏感肌とはいったいどんな状態の肌質のことを一般的には指すのでしょうか?具体的な定義があるわけではありませんが、よく言われるのは、外部刺激に対して赤みが出たり、かぶれたり、乾燥してしまいやすい肌と言えます。要は外部刺激に弱い肌という事です。

 

では敏感肌になってしまう原因はなんでしょうか?

 

敏感肌の原因は何?

外部刺激に対して敏感な反応をしてしまう肌質をつくる要因は何でしょうか?

 

敏感肌と関連があると思われる要素をいくつか挙げてみましょう。まず乱暴なスキンケアです。仕事から帰ってきてメイクを勢いよく落として適当にザーと洗顔をするといったケアでは肌の状態を正しく保てないことがあります。

 

クレンジングでメイクなどの油分を落とし、洗顔料で水性の汚れを落とすのがセオリーですが、面倒になってゴシゴシ洗ってしまうようだと皮脂を落としすぎてしまうことがあります。皮脂は本来皮脂膜を皮膚の表面に形成して外部刺激からのバリアをする役割がありますが、多すぎてもダメなのはもちろん、少なすぎても乾燥を招くのでダメです。またテーブルを拭くかのように顔のメイクをふき取ったり手のひらで摩擦をかけるかのように洗顔しては肌への刺激が多くなり肌ダメージを与えてしまいます。

 

こうした乱暴なケアの仕方は肌の質を弱めてしまい、敏感肌につながりやすくなります。また食生活がよくなく、新陳代謝に必要なビタミンAや、保湿に大きな役割を持つ細胞間脂質の主成分セラミドを含む食品の摂取がおぼつかないと、バリア機能がしっかり働きません。そうなると外部刺激により弱くなってしまいます。

 

敏感肌に合った毛穴ケア

以上の理由からすると、アウターケアとインナーケアの両方が大切だと言う事が分かります。インナーケアとしては上記の栄養素を含む食材を積極的に取ることが大事になってきます。またアウターケアとしては、正しい洗顔やクレンジング方法を学ぶことです。

 

具体的には、力任せに汚れや皮脂を取ろうとするのではなく、やさしく丁寧に洗う事です。また当然のことですが、保湿も欠かさず行いましょう。新陳代謝がスムーズに行われ、バリア機能が正常に働くようにするには肌が乾いていけは絶対いけません。

 

このような方法で外部刺激を少なくし、それに耐える力をアップするなら良い対策になります。

比較ページへのリンク画像