アトピー肌に合った毛穴ケア

アトピー肌とは

 

アトピー性皮膚炎は皮膚の疾患の一つです。この皮膚炎は顔だけでなく体中に影響をもたらすことがあり、かゆみや赤みや炎症、また審美的なダメージが大きいのでとても辛い症状の一つです。中でもつらいのはやはりかゆみです。

 

ひっきりなしに場所を選ばずかゆくなったり、知らない間に皮膚を傷つけてしまって後で痛みに苦しむことがあり、日常生活に大きな影響を及ぼすことがあります。アトピーの人はとても多く、国民の10人に1人がこの問題に悩んでいると言われています。ではアトピーの原因はいったい何でしょうか?

 

アトピーの原因

実は確実な原因が分かっていないのがアトピーです。汗や食の欧米化、遺伝が原因とする声もありますが、特に有力な説明と言えるのは、乾燥が原因という説です。肌について復習してみると、肌の表面には角質層と呼ばれる薄い層があって、ここに水分が蓄えられています。

 

その保水の役割をするのが、細胞間脂質や天然保湿因子(NMF)、また皮脂と汗から成る皮脂膜などです。中でも重要なのは細胞間脂質の主な成分であるセラミドです。アトピーの人はこのセラミドが不足している傾向があります。

 

つまり肌が乾燥する傾向があるということです。肌が乾燥すると言うことはバリア機能が弱いといことなので、当然外部刺激に対しても弱く、炎症が起きやすい環境にあると言えるでしょう。もちろん断言はできませんが、乾燥対策によって症状が改善するという人も少なくないので注目できます。

 

アトピーの原因としてはこの他にも、ストレスや紫外線、食品アレルギー、遺伝変異が関係しているという有力な説もあります。

 

アトピー肌に合った毛穴ケア

アトピー肌の有力な原因は乾燥であることを考えると、まず行いたい対策は保湿です。特にセラミドという成分に集中した対策が大事です。

 

セラミドを肌に浸透しやすいナノ化した化粧品もありますので、こうした保湿成分で皮膚をうるおしておくことは大切です。また外部刺激を少なくする努力も大事です。例えば紫外線対策です。

 

紫外線はアトピー肌の人でなくても肌ダメージを受ける大敵です。バリア機能が弱いアトピー肌に紫外線が注がれれば炎症のリスクが出てきます。ですからできるだけ紫外線を浴びないような身づくろいを心がけることにしましょう。

 

ストレス対策としては趣味を見つけるとか日常にメリハリをつける非日常的要素、例えば旅行をするなどの工夫もできるでしょう。アトピーの原因や対策は100%確立されたものはありませんが、これらのアプローチを心がけるなら症状の改善が期待でき、肌を守って毛穴の正常化にもつながりやすくなるでしょう。

比較ページへのリンク画像