秋にオススメの毛穴ケア

秋にも毛穴ケアは忘れずに!

 

秋は少し気温も下がって過ごしやすくなり、夏に比べて紫外線量も4割~7割ほどになるので、肌にとってはそれほど過酷な時期ではないというイメージを持っている人もいるかもしれません。でもそれに油断して長い外出が増えてきて、結局多く紫外線を浴びれば意味がありません。
角質が厚くなったり、角栓の問題が起きたりしやすくなります。また夏で焼かれた肌の内部では水分が不足していて、活性酸素の影響でコラーゲンやヒアルロン酸が減っている状態です。つまり肌の伸縮性が落ちて毛穴が拡がった状態になりやすいです。

 

さらに春のイメージが強い花粉についても注意が必要です。秋にはブタクサの花粉が舞いますが、場所によってはこれを浴びて開き毛穴に付着させてしまう可能性もあります。また乾燥の問題もあります。

 

夏のジトっとした時期から冬のカサカサ時期の間にある秋は、ある意味ケアを怠りやすい時期かもしれません。肌のべたつきやガサガサが顕著だと意識する保湿ケアも、季節が少し落ち着いているとおざなりにしてしまう事があるでしょう。

 

秋にオススメの毛穴ケア

まず紫外線の問題ですが、これは夏のケアの場合と同じようにしっかり続けることが大事です。

 

行楽シーズンなどで外出の機会が増えることが多い時期ですが、外に出ている時間が長いのなら、それに合わせて日焼け止めや日傘などを使う様に意識してみましょう。またコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸など保湿やハリに役立つ成分を栄養バランスのよい食事やサプリなどで内側から補給してあげるのも良いでしょう。また乾燥の問題に関しては保湿を意識することがやはり最重要項目です。

 

肌が乾燥していていいことは何もありません。夏はさっぱりした保湿グッズに惹かれてそれを使っている場合もあると思いますが、それを秋までずっと使い続けるのでなく、さらに保湿効果の高いものに変えるなどの工夫も必要です。保湿化粧水に関してはセラミド配合のものがおすすめです。

 

セラミドは細胞間脂質の主成分ですが、この細胞間脂質は天然保湿因子NMFや皮脂膜とともに肌の保湿の役割を担うものです。この成分をしっかり補給してあげることで効果的な対策が可能です。これらに加えて顔汚れをすっきり落とすためにクレンジングと洗顔を欠かさないようにしましょう。

 

顔に汚れがついたまま栄養のあるものを上からかぶせても仕方ありません。メイクや花粉やほこりなどの汚れを洗い流すために、保湿の前にクレンジングで油汚れ、洗顔で水性汚れを落としてあげましょう。ポイントとして、とにかく優しく洗う事が大事です。

 

肌のダメージを拡げないために、決してゴシゴシ洗いはしないようにしましょう。

比較ページへのリンク画像