40代女性が悩んでる毛穴の原因と対策

40代女性の肌の悩みで多いのは?

 

40代になると更年期も意識しだす年齢で、なにかと体の不調や衰えが気になってくるものです。特に肌のコンディションについては自信がなくなってくることが多くあります。
40代でも肌状態がとても良い女性のことをよく「美魔女」などと取り上げることがありますが、裏返して言えばそれだけこの年代の肌トラブルは多いということです。マイナビニュースが行った調査によると、40代女性の肌の悩みの1位はシミ、2位は乾燥と毛穴の開きでした。毛穴の開きは見た目の印象に大きく影響を与えるので、シミと同じく深刻な悩みになっています。

 

毛穴が開いてしまうのはなぜ?

どうして毛穴は開いてしまうんでしょうか?原因は様々です。

 

まず前述のアンケートで同率2位だった乾燥の問題とも連動する毛穴の詰まりという問題です。肌が乾燥していると色々なトラブルが起きるということはよく知られていますが、乾燥はターンオーバーの不調のもとになったり、肌のバリア機能を低下させて角質層を厚くする過角化の原因になったりします。肌が乾燥すると、その状態を回避するために皮脂が過剰分泌されることがありますが、これが毛穴からしっかり排出されず毛穴を詰まらせて拡げてしまいます。これが開きのよくある原因です。

 

また加齢とともに肌を支えるコラーゲンやエラスチンなどの弾力成分が失われると、たるみとともに表面の毛穴もたるみ開いてしまいます。さらに開いた毛穴と毛穴がくっついて帯のようになってしまうシワのような開き方もあります。

 

40代の毛穴ケアの方法

年齢によるものもあるので肌状態を赤ちゃんのころのようにするのは正直難しいですが、改善はできます。まずは肌の大敵である乾燥対策です。つまり保湿です。

 

肌の角質層にはもともと天然の保水機構がありますが、その中で主要な役割を担うのがセラミドという成分です。これを補ってあげる事が助けになるので、保湿の際はセラミド配合の化粧水を使って乳液でしっかり保護するなどの対処法を徹底しましょう。またインナーケアも大事です。

 

体を作る食事をしっかり改善して、肌を支えるコラーゲンやエラスチンをサポートし、たるみ毛穴を改善します。エラスチン合成を促す栄養素としてはビタミンAやビタミンKがあります。またコラーゲンはたんぱく質の一つですが、生成にはビタミンCや亜鉛、アミノ酸(プロリンやリジン)が関係してきます。

 

栄養バランスの食事をすることによって、肌を内側から助けてあげる努力をすることも毛穴ケアとして欠かせません。

比較ページへのリンク画像