10代女性が悩んでる毛穴の原因と対策

思春期はニキビとの戦いの日々

 

10代にもなると異性の事を意識したり、自分の見た目について一層自我が芽生えたりする時期です。ですから自分の肌質、毛穴の問題などは気になって仕方がないという女性も多いでしょう。10代女性が抱えている毛穴の問題にはどんなものがあるでしょうか?

 

ある皮膚科クリニックが行った調査によると、過半数が悩んでいた問題はニキビでした。またべたつきなどニキビと関連してくる問題を気にしている人もたくさんいました。10代と言うとまだまだ若くて肌のケアも必要ないというイメージを持っている人もいますが、実際の所は悩みが多い年代です。

 

では10代女性のニキビやべたつきといった毛穴の問題の原因はなんでしょうか?

 

10代女性の毛穴の悩みの原因

10代で発症する思春期ニキビは、当の本人たちからすれば青春のシンボルでもなんでもありません。単純に迷惑な存在ですが、この原因となっている大きな要素は、男性ホルモンです。

 

学校でも習いますが、ティーンの年代は第二次成長期と呼ばれる時期で体に大きな変化が出てきます。この時期には男性ホルモンが増えて、それが皮脂腺を刺激するようになり過剰分泌が促進されます。これによって皮脂が毛穴に詰まってしまいます。

 

そこに古くなった角質なども加わってきて角栓をつくります。そしてアクネ菌がそこで繁殖を始めると赤ニキビなどの炎症が発生するのです。つまり簡単に言えば春期ニキビとはホルモンバランスの変化による皮脂分泌異常が原因なのです。

 

大人でもニキビは出ますが、思春期ニキビは皮脂分泌が特に多いTゾーンに集中するという特徴があります。

 

10代の女性の毛穴ケア

10代の女性の最大の悩みとも言えるニキビケアはどうすれば良いでしょうか?実は思春期ニキビは自然に治ります。

 

これは成長に伴う体の変化の産物だからです。成人年齢にもなれば落ち着いてくるのが一般的です。とはいえ放置してニキビ跡にするわけにはいかないので、幾つかのケアを心がけましょう。

 

まずはやさしく顔を洗顔して衛生的にすることです。清潔な手と清潔なタオルを使って洗顔し顔の汚れや皮脂対策をしましょう。また保湿も大切です。

 

皮脂の過剰分泌がニキビに原因なら乾燥しているほうが良いように思えるかもしれませんが、実は乾燥していると体は皮脂の分泌を促進します。なぜなら皮脂には皮膚表面を守るバリア機能の役割があるからです。ですから保湿をすることでうるおいを与え、分泌を抑制する環境を作るのが大事です。

 

また肌がうるおっていると新陳代謝で肌が新しいものに生まれかわりやすくなります。古くなった角質がちゃんとはがれて、毛穴をつまらせたりしにくくなるので効果的です。

比較ページへのリンク画像